-ピカソの戦争《ゲルニカ》の真実-

ピカソの戦争《ゲルニカ》の真実
ラッセル・マーティン 著  木下哲夫 訳  白水社

「芸術家をなんとお思いか。画家なら目、音楽家なら耳、詩人であれば心に抒情、ボクサーなら筋肉のほかになにももたない愚か者とでもお思いか。それはとんでもないかんちがい。芸術家はそれだけでなく政治的な存在でもあり、世の中の悲しみ、情熱、あるいは歓びにもつねに関心を抱き、ただその印象にそって自らをかたちづくっている。他人に興味をもたずにすませるはずもない。日々これほど広く深く接する暮らしそのものから、冷めた無関心を装って、自らを切り離すことなどできるはずもない。いや、絵はアパートを飾るために描かれるのではない。絵は戦争の道具です。」    パブロ・ピカソ


・・・一ヶ月におよぶマラガ攻防戦の始まった一月八日、ピカソは怒りをこめて『フランコの夢と嘘』と題する詩をスペイン語で著した。

「フランコの夢と嘘」 

 震える梟、不吉なポリプの剣の襲撃、フライパンの真ん中に立つ裸の司祭のズボンから毛をとる洗濯たわしのファンダンゴ---鉛---牡牛の心臓のかさぶたで揚げた鱈のアイスクリーム・コーンに置かれ---はらわたを編んだ蝸牛の皿の橇の鈴---葡萄でも無花果でもない直立した小指---雲を貧しく織り染めるコメディア・デラルテ---ゴミ集めの荷車からとった美容クリーム---泣き顔の女中のてごめ---

 こどもらの悲鳴、女たちの悲鳴、小鳥たちの悲鳴、花々の悲鳴、材木の石の悲鳴、煉瓦の悲鳴、家具の寝台の椅子のカーテンの鍋の猫の神の悲鳴、爪立てあうさまざまな臭気の悲鳴、大鍋で煮える悲鳴の肩を刺す煙の、財布とポケットが岩に残る足跡に隠す皿から太陽が拭き取る綿と毛糸を噛む歯を折り、骨をしゃぶる海を氾濫させる鳥の雨の悲鳴。


 詩とエッチングを組み合わせた《フランコの夢と嘘》は最終的に売りに出され、収益金はすべてスペイン共和国を防衛するための資金となった。



世を去る四半世紀前、《ゲルニカ》が自信に溢れ、今よりはるかに無邪気なニューヨークに在ったころ、恐怖に苛まれる時代のさなかにピカソはこう語った。

「わたしは平和に味方し、戦争に抵抗する」。
[PR]
by a_citizen | 2004-05-28 11:51 | 戦争は嫌だ
<< 「マイケル・ムーア監督に&qu... 「自己責任だって?」 >>