<   2004年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日日光進さんの「戦争のつくりかた」を読み広める会

反戦Mastersにご登録頂きました日日光進さんの記事
「戦争のつくりかた」を読み広める会-をご紹介させて頂きます。

---------------------------------------------------
一人でも多くの方に、戦争のつくりかたを、読み広めて行く会を始めました。
先ず読んで頂き賛同頂けましたら、↑のアドレス使って、仲間から仲間へと読み広めて頂きたいのです。
明日の日本の為に、次々ご紹介の輪が拡がると、とても有り難いのですが、みなさん宜しくお願い致します。
小学生にもわかる様に書かれた易しい文章です。
明日を担う子供達にこそ、一緒に読み聞かせをお願い致します。
----------------------------------------------------
[PR]
by a_citizen | 2004-08-28 11:20 | 戦争は嫌だ

-反戦Masters-

日日光進

uedaさんのご紹介で、初めてお訪ねしました。
非暴力平和隊にwave上で生れた
「戦争のつくりかた」を読み広める会を立ち上げた
「広がれ拡がれ平和、ブログの輪!」をトラバさせて貰いました。
さゝやかですが、平和の輪が拡がります様に!
どうぞ、よしくお願い致します。
[PR]
by a_citizen | 2004-08-28 11:04 | 反戦Masters

-反戦Masters-

にぶろぐ

「平和ボケ」という言葉は、長年の平和で戦争の悲惨さを忘れたか、実感できず、軍備増強、憲法第9条の破棄を主張する人々にこそ贈りたいです。侵略されてただ南無阿弥陀仏を唱えながら死んで行く気はありませんが、平和への道を希求する姿勢を捨ててはいけません。
たとえノーム・チョムスキーが許しても、このuedaが許しません。
[PR]
by a_citizen | 2004-08-28 11:01 | 反戦Masters

-The War Song-


              Culture Club

War war is stupid and people are stupid
And love means nothing in some strange quarters
War war is stupid and people are stupid
And I heard them banging on hearts and fingers
War!

People fill the world with narrow confidence
Like a child at birth, a man with no defence
What's mine's my own, I won't give it to you
No matter what you say, no matter what you do

Now we're fighting in our hearts
Fighting in the streets
Won't somebody help me?

War war is stupid and people are stupid
And love means nothing in some strange quarters
War war is stupid and people are stupid
And I heard them banging on hearts and fingers
War!

Man is far behind in the search of something new
Like a Philistine, we're burning witches too
This world of hate must be designed for you
It matters what you say, it matters what you do

Now we're fighting in our hearts
Fighting in the streets
Won't somebody help me?

War war is stupid and people are stupid
And love means nothing in some strange quarters
War war is stupid and people are stupid
And I heard them banging on hearts and fingers
War!

After the bird has flown
He walked ten thousand miles back home
You can't do that to me, no, you can't do that to me
You can't do that to me, no, you can't do that to me

War!

In this heart of mine, I'll find a place for you
For black or white, for grown-up children too

Now we're fighting in our hearts
Fighting in the streets
Won't somebody help me?

War war is stupid and people are stupid
And love means nothing in some strange quarters
War war is stupid and people are stupid
And I heard them banging on hearts and fingers
War!

No more war
say no more war
say war
Senso hantai**
Senso hantai**
Say no more war

a0019223_1949969.jpg
Waking Up With the House on Fire

[PR]
by a_citizen | 2004-08-16 19:50 | 戦争は嫌だ

-八月六日-

終戦から59年、もう59年なのか、たった59年なのか。

20~30年前、私が子供の頃には子供に戦争を伝えるTV番組や
本が今よりもたくさんあったような気がします。
8月15日が終戦記念日だと知らない小学生がいることに驚きました。

原爆記念日の取り上げ方も年々小さくなっているようで
不安や不満を感じずにはいられません。

--------------------------------

-八月六日-

あの閃光が忘れえようか
瞬時に街頭の三万は消え
圧しつぶされた暗闇の底で
五万の悲鳴は絶え

渦巻くきいろい煙がうすれると
ビルデイングは裂け、橋は崩れ
満員電車はそのまま焦げ
涯しない瓦礫と燃えさしの堆積であった広島

やがてぼろ切れのような皮膚を垂れた
両手を胸に
くずれた脳漿を踏み
焼け焦げた布を腰にまとって
泣きながら群れ歩いた裸体の行列

石地蔵のように散乱した練兵場の屍体
つながれた筏へ這いより折り重なった河岸の群も
灼けつく日ざしの下でしだいに屍体とかわり
夕空をつく火光の中に
下敷きのまま生きていた母や弟の町のあたりも焼けうつり

兵器廠の床の糞尿のうえに
のがれ横たわった女学生らの
太鼓腹の、片眼つぶれの、半身あかむけの、丸坊主の
誰がたれとも分らぬ一群の上に朝日がさせば
すでに動くものもなく
異臭のよどんだなかで
金ダライにとぶ蝿の羽音だけ

三十万の全市をしめた
あの静寂が忘れえようか
そのしずけさの中で
帰らなかった妻や子のしろい眼窩が
俺たちの心魂をたち割って
込めたねがいを
忘れえようか!

      峠三吉 「原爆詩集」より

-------------------------------------

忘れてはいけない。

いつの世も戦争を始めるのは権力者で、犠牲になるのは民衆であるということ。
それは勝った国も負けた国も同じこと。
その民衆同士が憎しみ合うのは悲しいことだと・・・私は思います。
そして、それは、本当の敵=機会があればまた戦争をしようと企んでいる
(すでに始めている?!)権力者を喜ばせるだけではないでしょうか?



◆関連参考記事◆
鎮魂の夏2004 記憶 20代記者が受け継ぐ戦争

映画「父と暮せば」オフィシャルホームページ
[PR]
by a_citizen | 2004-08-08 11:40 | 戦争は嫌だ